:nodaitokiwamatsuclub@gmail.com

永山忠幸監督(ワコール)が〝5大会連続五輪〟の快挙

3月8日の名古屋ウィメンズマラソンで22歳の一山麻緒(ワコール)選手が日本歴代4位の2時間20分29秒で優勝しました。この記録は国内日本人最高記録で、女子単独日本記録になります(いずれも2003 年の大阪国際女子マラソンで野口みずき選手がマークした2 時間 21 分 18 秒を更新)。そして、東京五輪の女子マラソン代表に内定しました。

ラスト・シンデレラとなった一山選手を指導しているのが東農大OBの永山忠幸監督です。福士加代子選手を4大会連続でオリンピックに導いており、〝5大会連続五輪〟の快挙になります。一山選手&永山監督の東京五輪での活躍を期待しましょう。