:nodaitokiwamatsuclub@gmail.com

「令和元年度 農大常磐松クラブ事業報告」と「令和2年度 農大常磐松クラブ事業計画(案)」

【令和元年度 農大常磐松クラブ事業報告】

1.会員懇親会の開催 ・・・ 常磐松クラブ会員相互の親睦を図るため懇親会の開催
・定期総会終了後( 平成31年3月23日 場所:農大グリ-ンアカデミ-ホ-ル)

2.役員会等の開催状況、各種大会応援
① 4/13 ( 事業計画、理事役割分担等 ) 農大
② 6/8 ( 会費徴収・ホームページ制作等 ) 農大
③ 6/29 ( 理事会後、新入生歓迎会 ) 農大・すずしろ
④ 8 /31 (ホームページ制作等について )農大
⑤10/19 (100周年記念事業等について ) 農大
⑥11/30 ( ホームページについて ) 農大
⑦ 1/25 ( 総会議事について ) 農大
⑧ 2/15 ( 総会議事について ) 農大
※ホームページ制作部会 7/28 8/25 11/16 ※会費徴収部会 8/3
その他 (大会応援等)
・関東インカレ応援(5/26相模原市ギオンスタジアム)
・全日本大学駅伝予選会応援(6/23 相模原市ギオンスタジアム)
・関東大学女子駅伝応援 (9/29 千葉県・印西市)
・箱根駅伝予選会応援 (10/26 立川市・昭和記念公園)
・全日本大学女子駅伝応援(10/27 宮城県仙台市)
・大根収穫~販売 (12/13,14.15 静岡県沼津市、世田谷)
・大根収穫 (12/29 静岡県沼津市)
・全日本大学女子選抜駅伝応援(12/30 富士宮市~富士市)
・箱根駅伝応援(1/2 学連選抜山口選手 第2区)
・卒業生送別会(1/24農大・すずしろ)

3.会費納入依頼及び寄付金の募集
会費納入者が減少しているため、会報郵送の際に会費納入依頼書を同封し、卒業生送別会の際には、卒業生に会費払込票を配布して会費納入の依頼をしました。
また、陸上競技部への経費支援を目的に寄付金募集活動を行った結果、常磐松クラブ会員からご協力をいただき合計64万6千円(昨年度80万6千円)の寄付金が集まりました。寄付金は短距離ブロック強化及び女子駅伝出場への助成等 陸上競技部に対する経費支援に使用しました。
(※寄付金協力者など詳細データをご覧になりたい方はnodaitokiwamatsuclub@gmail.comまでメールにてご連絡ください)

4.常磐松クラブホームページの立ち上げ
既存のホームページを新たに立ち上げ、掲載内容も充実させました。また、陸上競技部のホームページとリンクさせてクラブ会員及び多くの方々に常磐松クラブの周知を図ることができるようにしました。(別紙2)

5.卒業生へ記念品の贈呈
卒業生送別会(令和2年1月24日(金) 陸上競技部主催)において、令和2年3月卒業の卒業生31名に常磐松クラブから卒業記念品(ピンバッチ)を贈呈しました。なお、令和元年度の農大新記録賞については該当者ありませんでした。

6.夏季合宿訪問、各種大会視察よる情報収集、選手勧誘支援等
陸上競技部の夏季強化合宿を訪問し選手激励(短距離-長野県菅平、男子長距離-菅平・西湖・山中湖、女子長距離-山中湖・西湖・菅平)、インタ-ハイの県・地区予選・全国高校駅伝の県・地区予選、全国高校駅伝、都道府県対抗男子駅伝等を視察し、選手への激励、有望選手情報の収集を行いました。 なお、今年度から陸上部からの要請により、選手スカウト担当者2名を選任し活動しております。

 

【令和2年度 農大常磐松クラブ事業計画(案)】

1.常磐松クラブ会員向け活動
1)会員親睦会の開催
常磐松クラブ会員間の情報交換・親睦を目的に「農大常磐松クラブ懇親会」を開催する。また、箱根駅伝予選会レース終了後も必要に応じて懇親会を開催する。場所等は決定次第会員に案内する。

2)「農大常磐松クラブホームページ」の活用
令和元年度に立ち上げた常磐松クラブホームページを会員へ周知して、多くの閲覧者を増やし、常磐松クラブの活動内容、陸上競技部の大会結果等の情報提供の場として活用していく。合わせて陸上競技部のホームページの掲載内容と重複しないように連絡調整を取り合って常に新しい情報を発信していく。「農大常磐松クラブ会報」については、掲載内容を改めていくこととする。

3)クラブ会費納入の協力要請
常磐松クラブの活動資金の充実を図るため、引き続き会費納入者を増やす取り組みを行う。(ホームページでの会費納入依頼・新卒業生への周知と会費納入依頼・銀行振込手数料を会費分から差引いても可とする。)

4)寄付金の募集
陸上競技部への経費助成を目的として、寄付金の募集を行う。

5)地方会員への協力要請
選手スカウト担当者を中心に地方会員に対して、地域の有望な高校生の情報を提供してもらうなど選手勧誘態勢を整える。

6) 箱根駅伝予選会及び本大会終了後の集まりについて
予選会終了後に選手を囲んで行われる集まりと、本選に出場際の大会終了後にも大手町ゴール付近で行われる閉会の集まりに関して、常磐松クラブも積極的に関わり、多くの会員に参加していただくように呼びかける。

2.陸上競技部に対する支援活動
1)選手激励、大会での応援
練習・合宿等の視察・訪問を実施し選手への激励、各種大会での出場選手に対する応援を積極的に行う。また、新入生歓迎会及び卒業生送別会にて常磐松クラブの周知を行う。

2)経費支援
選手への大会出場費用、合宿費用の助成等、選手強化への支援を目的に陸上競技部への経費助成を行う。

3)選手勧誘支援
地方会員等と連携し、都道府県大会、地区大会、全国大会等の視察、学校訪問等により、有望選手情報を収集し、陸上競技部へ提供する。また、監督・コーチへの選手勧誘に同行し、選手獲得に向けた支援を行う。

3.クラブ創設100周年記念事業の準備
2024年度内にクラブ創設100周年記念事業を実施することとし、実行委員会を設置して準備していく。

Related Posts

スポーツライター酒井政人氏「近年の箱根駅伝と東京五輪」の講演を実現スポーツライター酒井政人氏「近年の箱根駅伝と東京五輪」の講演を実現

スポーツライターとしてマスコミでお馴染みのあの酒井政人氏(平成11年卒)を講師として総会にお迎えし、「近年の箱根駅伝と東京五輪」をテーマに講演を頂きました。 近年の箱根駅伝の必勝パターンは1区でスタートを高位置につけ2区 […]